役員ご挨拶

 

支部長
落合みゆき


副支部長(南地域担当)
島原和子


副支部長(北地域担当)
土田 亮

画:楊 鋼粮

副支部長(西地域担当)
室井 昇
■ 落合支部長 ご挨拶
このたび、真下進支部長の後任としまして、東京都支部長に就任することになりました。
非才な身ではございますが、三副支部長、代議員、会員の皆様のお力添えをいただき、微力ながら大役を務めさせていただきます。
前南地域副支部長の時と同じく変わらないご支援をよろしくお願い申し上げます。

1999年10月に東京都支部が発足し、支部長は私で4代目になります。代議員制度になりましてから、3期目に入りました。
楊名時師家がお亡くなりになって10年の年月が経ち、師家を知らない代議員もいる時代となり、今だからこそ楊名時太極拳の伝承が必要かと思います。
前任の支部長の方々が、しっかりとした道を固めてくださっていますので、会員一同支部発展のため同心協力していきたいと思います。
来年は東京都支部大会を西地域で予定しております。なお一層の協力が必要となります。
会員の皆様が喜んで参加できるような大会に努力いたしましょう。

東京都支部規約の目的は
 1. 楊名時八段錦・太極拳の普及・向上を期して同心協力すること。
 2. 楊名時八段錦・太極拳を通じ、健康の増進と自己の練磨に努めるとともに、
    会員・教室相互の緊密な結びつきと親睦を図ること。
以上が規約の第3条に定められております。

目的に従って楽しく、今までどおり各地域の行事に参加し、交流を深めていきたいと思います。
皆様のご協力どうぞよろしくお願い申し上げます。
■ 島原副支部長(南地域担当) ご挨拶
私は入門より師範までの間、渡辺栄先生のご指導をいただきました。楊名時先生がよくおいでになる恵まれた教室でした。

指導員になり、指導者研修会、奈良・京都、鹿児島、札幌などに参加し、楊先生、先輩の先生方に、多くのことを教えていただきました。
指導者研修会の折、楊先生が「推手は進さん、百花拳は慧さん、どちらかをしなさい」と言われ、ご指導いただけたことがありました。
楊先生は中央で椅子に座り、サングラス越しに、今のお二人を見ていらしたのでしょうか?

協会ができ、私は東京都支部南地域の幹事を、形態が変わり代議員を、そして今期より南地域の副支部長をお預かりすることになりました。

先日、南地域のお仲間と楊先生のお墓にお参りし、報告とお礼を申し上げました。
鎌倉に向かっていますと、「喫茶去」というお店がありました。この「喫茶去」という禅語の解釈は様々あるようですが、これから起こることに私としては「喫茶去」ならぬ「太極拳去」という心持ちで向き合っていくつもりです。
■ 土田副支部長(北地域担当) ご挨拶
東京都支部副支部長(北地域担当)に再任され、5月24日の総会より、落合支部長、南谷常任理事を中心に支部は新体制で動き始めました。

幸い支部の運営は、歴代の支部長、常任理事(中野支部長、竹植常任理事。小島支部長、竹植常任理事。真下支部長、宮川常任理事)が、しっかりとしたラインを作ってくれています。落合、南谷、島原、室井、土田も流れを大切に、支部の運営を行ってゆきます。

支部、地域の会員の皆さまの声を尊重し、流水不腐、協調完整の心で支部を盛り立ててゆきたいと思います。
■ 室井副支部長(西地域担当) ご挨拶
平成27年度の役員改選にあたり副支部長の大役を引き受けることになりました。

今まで支部の基礎をつくり、育ててくださった先生方は支部顧問としてお力添えをして下さることは心強い限りでございます。

楊名時先生を知らない会員さんも多くなってきました。・・・人と比べない、競わない、人のうわさ話はしない、ご縁を大切に・・・、
仲間の幸せを祈って舞いましょう・・・。等々、楊名時先生のお心を微力ながら伝えていきたいと思います。

3地域の特性を活かした、形にはめない、おおらかな支部運営が出来ればと、思っております。
落合みゆき支部長をささえて、皆さまのご協力を戴けるよう心してまいります。
よろしくお願いいたします。

更新日: 2015 年 8 月 1 日