直線上に配置
バナー


茶木師範と共に

東京の東端、千葉県との境を流れる江戸川。その江戸川に隣接する江戸川区の中でも、最も東寄りにある篠崎、瑞江地区。そこに楊名時太極拳の種が蒔かれて、今年で20年目になります。区立児童館の母親教室で、故豊島なつ江師範が太極拳の指導を始められたのが1986年でした。大木にはなっていませんが、その後有志でサ−クルとして自立し現在会員は25名。新宿線瑞江駅近くの東部区民館で豊島師範の弟子にあたる茶木登茂一師範の指導のもと、40代から70代のメンバ−が「美と健康を獲得せむ」と、毎週稽古に励んでいます。全身をほぐす準備運動、ストレッンチグの後、八段錦、24式太極拳。休憩時間の茶木師範の博学多識なお話は、「目から鱗もの」ばかりで会員の楽しみの一つです。知る人ぞ知る『雲の手通信』は茶木師範の発行です。会の年間行事としては、野外太極拳、親睦のための食事会、バスハイクなどがあげられます。毎週の稽古を通して、皆が「美?と健康」を獲得しているのはもちろんですが、多分それ以外そしてそれ以上のモノまでも得ていると思います。
現在、発足当時からのメンバ−はおりませんが、会として20周年を迎えるにあたり、太極拳で得たモノのおすそ分けとしてささやかな地域貢献などできないかと、只今、皆で模索中です。なお、長年お世話になった南篠崎児童館を今春巣立ち、活動の場所を瑞江駅近くの区民館に移すことになりました。これを機に会の名称も太極拳篠崎鶴の会から《太極拳瑞江鶴の会》と改めました。いっしょに太極拳をやってみたいという方、是非一度、のぞきに来てください。現在は女性会員だけですが、男性の入会も大歓迎です。                 

                                           H.17.3.22    宇留野 記

活動場所 江戸川区東部区民館
活動日時 火曜日 9:00〜10:30
会費 月1500円
入会金 1000円
連絡先 藤城、宇留野



葛西臨海公園の潮風を楽しみながら


20周年を迎えます

直線上に配置

更新日: 2005 年 3 月 21 日