活動報告

当協会においては、健康太極拳の普及を図るため、皆様方のご協力のもと、積極的な活動を展開しています。皆様のご参加をお待ちしています。ここでは、東京都支部関連の活動をご紹介します。

☆ [1〜3] などをクリックするとその年月報告にジャンプします☆

2012年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2005年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2011年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2004年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] 現在地
2010年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2003年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2009年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2002年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2008年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2001年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2007年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2000年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2006年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 1999年   [10〜12]

☆ほとんどの写真はクリックすると大きなサイズで表示されます☆ お試しください

2004年10月
10/2(土)
八王子市
横山南センター
西地域 『八王子市民センター祭り』に参加 
新築なった横山南センター体育室において「ふれあいのまちづくり」の一環として八王子市よりの参加要請をうけ、太極拳発表と講習会が行われました。最初に中川路師範による楊名時太極拳の披露、秋山師範による初心者むき「太極拳と楽しむ」講和、続いて向田師範による気功八段錦と太極拳の体験講習が行われました。同学を含む30余名が参加され、会員増強が大いに期待される有意義な行事でした。 
【報告:秋山郢雄師範】
10/5(火)
千代田区
神田錦町
本部道場会館(楊名時太極拳記念会館) 新築工事 地鎮祭 
大安の10月5日(火)、本部道場会館(楊名時太極拳記念会館)新築工事の地鎮祭が神田神社の司祭により千代田区神田錦町の建設地において挙行されました。
厳かな雰囲気の中、楊名時先生、楊進先生による鍬入れ、玉串奉奠など神事が行われ、出席者一同で工事の安全祈願を行いました。
 
【報告:向田満師範】
10/5(火)
葛飾区
シンフォニーヒルズ
北地域 「腰痛予防と太極拳」をテーマに無料体験教室

社会貢献の一環として、福祉関係職員を対象として体験教室を10月の毎週火曜日、全四回コースで開催しました。講師は、伊東順三理事、石渡きよ師範他が担当しました。19名の参加者を得て、腰痛予防のためのストレッチ、八段錦、楊名時太極拳、気の感覚訓練などを実施しました。 
10/8(金)
NHK総合テレビ
楊慧副支部長 「生活ほっとモーニング」で八段錦を紹介
東京都支部副支部長の楊慧先生が、NHK総合テレビの朝の番組「生活ほっとモーニング」の”始めてみよう!気功健康法”のコーナに出演され八段錦を紹介されました。
10/9(土)
ホテルニューオータニ
鶴の間
師家 楊名時先生傘壽(本部道場会館建設着工記念)祝賀会 

十月九日(土) ホテルニュー・オータニ「鶴の間」において、三笠宮殿下のご来席を頂き、楊名時先生の傘寿の会が盛大に行われました。アトラクションでお孫さんの楊崇先生の模範演舞があり、約五百名の来賓と太極拳の師弟達を感動させました。
【報告:川田仲子 師範】
10/10(日)
中野区
中野体育館
第16回秋の指導者研修・審査会  

151名の新師範
10日で80歳を迎えられた楊名時最高顧問のご指導のもと、全国各地より300名を超える指導者が集まり第16回秋の研修・審査会が開かれました。師範審査は3組に分かれ、緊張の中にも美しく舞った151名が楊先生の”全員合格、おめでとうございます”のお言葉をいただきました。その後、楊慧先生より手形のお話があり、また楊進理事長からは「前進は上肢が、後退は下肢が先導する」という上下相随のお話を具体的な動きとユーモア溢れる口調で解説いただきました。楊慧先生の指導の下、全員で八段錦の後半を動き、新師範の記念写真撮影が行われ、満面笑みの参加者は来年を楽しみに散会しました。
師範審査の様子です: A組 B組 C組
10/10(日)
江戸川区
『雲の手通信 第6号』 発行 
江戸川区や江東区で指導される茶木登茂一師範が、「雲の手通信 第6号[PDF]」を発行されました。
10/17(日)
練馬区光が丘公園
北地域 『第六回 野外太極拳の集い

秋色の光が丘公園



中野完二東京都支部長にもご参加いただき、6回目を迎えた北地域野外太極拳の集いが開かれました。ホームページを見て参加いただいた方や飛び入りの方を含め、雲ひとつない練馬区光が丘公園に250名の同学が集いました。真下副支部長の指導のもと、体をほぐしたあと、青空と秋色に染まり始めた木々に包まれながら、トンボが指先にとまる方もいらっしゃるほど、気持ちよくゆったりと全員で八段錦と太極拳を舞いました。何件もの教室照会を受け、楊名時太極拳を広める絶好の機会ともなりましたことをご報告いたします。
10/23(土)
八王子市民センター
八王子友好会
 
『第11回八王子市民健康体操講習会』で楊名時太極拳を指導


八王子市トリム体操連盟よりの招聘にて楊名時太極拳を指導いたしました。

この催しは日頃取り組んでいる活動の成果を発表し、さらに広範に普及浸透させることを目的に開催されるものです。長雨の後の良く晴れた日、健康と若々しさに関心の高い、生き生きとした、女性80数名の集まりでした。
開会挨拶に「トリム体操でバランス機能を、太極拳で調整機能を高められたら、運動効果向上に理想的だと思います。」と先ず楊名時太極拳のPRから始まりました。軽いストレッチングで、上体・下肢の関節の血行を良くし、立禅、スワイショウを終え、中川路師範の規定表演にて場内雰囲気静粛の中に演舞の関心を大いに高めました。流石に参加者は平素トリム体操にて鍛えられている人達だけあって、不老拳までの型だけはスムーズに習得したようでした。2時間余の実技講習会でしたが、「太極拳の楽しさを知ることができた素晴しい一日でした」との嬉しい声を聞き、好評のうちに終了しました。太極拳普及には、同学同志の集いもさることながら、異種サークルとの交流の必要性を感じた講習会でした。

報告:秋山郢雄師範
10/24(日)
大田区・上池台
障害者福祉会館
大田区立上池台障害者福祉会館 虹まつりで太極拳を野外表演』 
恒例の(虹まつり)で、今年も機能回復訓練の一環として、取り入れている太極拳を、野外舞台で表演しました。今回は、車椅子の方が多く、橋先生にお習いした、その場で動く太極拳の座ったままの体重移動と、雨宮先生にお習いした呼吸法を取りいれました。見てくださるお客様も、ご一緒に合わせてくださり、舞台と客席で心が、通い合ったひと時でした。有難うございました。
【報告:石川貞子師範】
10/24(日)
八王子市
別所中学校
南大沢太極拳を楽しむ会 地元中学校のフェスティバルで演舞』
八王子市別所地区青少年対策委員会主催、八王子市後援の第2回ふれあいフェスティバルが秋晴れの別所中学校校庭で、市長さん、PTA父母、近隣住民など、観客多数の中、賑やかに開催されました。フェスティバルには、中学校ブラスバンドのほか、幼稚園、消防署、太極拳、ギター、和太鼓など、多数のチームが参加しました。楊名時太極拳は、「太極拳を楽しむ会」の16名が八段錦の一部と太極拳24式を演舞し、観客席から盛大な拍手をいただきました。
【報告:町田登師範】
10/27(水)
NHK教育テレビ
楊慧副支部長 福祉ネットワーク、すこやか長寿」で太極拳を紹介
東京都支部副支部長の楊慧先生が、NHK教育テレビ「福祉ネットワーク、すこやか長寿」の”太極拳で心も体もゆったり”のコーナに出演され太極拳を紹介されました。小島信副支部長と佐藤佳代子師範もアシスタントとして出演されました(9/25 埼玉県岩槻市にて公開録画)。
10/28(木)
東青梅市民センター
体育館
青梅楊名時太極拳同好会 太極拳体験教室』 
去る28日(木)19時30分から21時まで、青梅市東青梅市民センター体育館を会場に、青梅市健康推進委員会からの要請で、楊名時太極拳の体験教室を行いました。募集は80名でしたが、約100名の市民が集まり、寒い会場でしたが皆熱心に受講されました。中には普段使わない筋肉が刺激され、ふーふー言いながら真剣に取り組む姿は微笑ましく感じられました。終わって早速教室への参加申し込みもあり、成果のあった講習会でした。吉川と杉山リツ子師範が担当しました。 
【報告:吉川博千師範】
10/30(土)
新宿住友ホール
朝日カルチャーセンター東京 『創立30周年記念、楊名時先生講演会 
朝日カルチャーセンター東京が創立30周年を迎えて、記念行事の一つとして、楊名時先生の講演会が新宿住友ビルの住友ホールで開かれました。茨城県支部からの50名も含めて、参加者は206名でした。

  

2004年11月
11/1(月)
江戸川区
『雲の手通信 第7号』 発行 
江戸川区や江東区で指導される茶木登茂一師範が、「雲の手通信 第7号[PDF]」を発行されました。
11/3(水・祝)
代々木第二体育館
2004太極拳全国交流大会で友情演舞

国立代々木競技場第二体育館で開催された第16回太極拳全国交流大会で284名の白鶴が優雅に舞いました。楊進理事長の”十字手”の発声から始まる不老拳は、入場停止となるほど会場を埋めた満員の観衆に強い感銘を与えました。11月に入り代々木公園は紅葉に染まり始めていましたが、汗ばむほどの秋晴れの一日でした。
11/4(木)〜11/8(月)
中国
西安・桂林・広州
青梅楊名時太極拳同好会 『二十周年記念中国研修旅行』

西安・大雁塔
11月4〜8日、青梅楊名時太極拳第2次訪中団(33名)は、西安・桂林・広州を巡り、無事帰国しました。各地ではまだ暗い早朝に太極拳を演舞してから観光にという毎日で、有意義な旅行を終わりました。城壁に囲まれた古都西安では「兵馬俑坑」にその歴史を偲び桂林では水墨画の風景に酔い、広州では経済発展著しい町並みに等多くを学ぶことができました。この旅行を通じて「同心協力」の絆が一層強められました。
中山記念堂での演舞
【報告:吉川博千師範】
11/14(日)
台東区
浅草ビューホテル
台東研修センター太極拳教室 『20周年記念祝賀会』


真下先生ご挨拶
真下進副支部長が指導される台東研修センター太極拳教室が、中野完二支部長、小島信副支部長、竹植弘次常任理事をお迎えして盛大に20周年を祝いました。会場には遠く福島から参加いただいた鈴木千種福島県支部長をはじめ艶やかに盛装した”一昔前の”若集がそろい、手作り神輿も繰り出して、下町の祭りが繰り広げられました。

20周年の笑顔です

ミニ
写真集
11/21(日)
調布市 神代植物公園
中野完二先生関係教室 『合同野外太極拳』
調布太極拳同好会、お茶の水中野教室、台東研修センター他による合同野外太極拳が開催されました。約60名の同学が爽やかな秋晴れの下、太極拳を満喫すると共に年に1度の交流を深めました。
【報告:服部隆師範】

参加の皆さん
11/21(日)
八王子市 綾南公園
西地域 いちょう祭協賛演舞大会 
「いちょう祭協賛演舞大会」が11月21日(日)10:00〜12:00で開催されました。八王子近隣の教室から集まった同学200余名の恒例の野外演舞大会は、雲一つない青空の下で進められました。朝露に濡れた黄金色の落葉を踏んで集まった綾南公園の一画の市営球場が会場です。長浜・原田両師範の指導で八段錦を、各教室の先生の先導で24式太極拳と、大きな2重の輪の百花拳を楽しみました。
【報告:秋山郢雄師範】
11/21(日)
Japan Times
江東区 早朝太極拳 「元気会」を Japan Timesが紹介 
鶴岡睦子師範指導の江東区南砂教室「元気会」の朝稽古風景が英文新聞「ジャパン・タイムズ」に紹介されました。
  

2004年12月
12/5(日)
曳船文化センター
北地域 『勉強会』

推手を指導される
小島副支部長

小島信副支部長を講師にお迎えして”推手”の勉強会が開かれました。朝には風速40m以上の嵐が吹き荒れ、南地域で予定されていた野外太極拳も中止になりましたが、低気圧の通過後は南からの暖かい風が吹き込んで気温が急上昇。墨田区曳船に集まった43人も、12月というのに半そで姿で熱く勉強会を進めました。
小島先生から教えていただいた言葉 ”聞鶏起舞” 朝早く起きて太極拳を舞う、ではなく”チャンスをつかめ”との意味だそうです。

北地域の笑顔名人

12/5(日)
江戸川区
『雲の手通信 第8号』 発行 
江戸川区や江東区で指導される茶木登茂一師範が、「雲の手通信 第8号[PDF]」を発行されました。
12/12(日)
大田区きゅりあん
新道場建設チャリティー 『進先生を囲み新そばを楽しむ会』 

佐山先生の技
楊進理事長を囲んで28名の有志が集まり、そば打ち名人佐山師範の打ちたての新そばを楽しみました。小島副支部長、真下副支部長、また導引養生功の佐藤先生にも参加いただきました。参加費の一部は、来年9月竣工を目指して建設中の新道場建設募金として寄付されました。艶々の新そばは、喉越しも噛み応えも最高でした。ご馳走様でした。
12/15(水)
北地域
北地域 『会報 「流水」 第4号発行』 
楊名時太極拳の指導者十訓の一つ「教則学習」 すなわち、教えることは、学ぶことという。この事について中野完二著「太極悠悠」の中で、フランスの詩人ルイ・アラゴン(1897〜1982)の『フランスの起床ラッパ』所収の詩「ストラスブール大学の歌」の一節、「教えるとは 希望を語ること 学ぶとは 誠実を胸にきざむこと」の詩を紹介。ナチスの軍隊に侵略され抵抗する殉教の大学と学生を励ましている詩である。「誠実を胸にきざむこと」フレーズはすばらしく心に残る。(N) 【編集後記】

HOME

更新日: 2005 年 2 月 12 日