活動報告

当協会においては、健康太極拳の普及を図るため、皆様方のご協力のもと、積極的な活動を展開しています。皆様のご参加をお待ちしています。ここでは、東京都支部関連の活動をご紹介します。

☆ [1〜3] などをクリックするとその年月報告にジャンプします☆

2012年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2005年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2011年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2004年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2010年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2003年 現在地 [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2009年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2002年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2008年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2001年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2007年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 2000年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12]
2006年 [1〜3] [4〜6] [7〜9] [10〜12] 1999年   [10〜12]

☆ほとんどの写真はクリックすると大きなサイズで表示されます☆ お試しください

2003年1月
1/31(金)
都庁第一本庁舎
5階大会議室
うらら会(大田区)
 健康づくり都民会議から『健康づくり推進功労賞』を受賞

気功・太極拳同好会「うらら会」が健康づくり都民会議から健康つくり推進功労賞(団体)を受賞しました。昭和60年に大田区区民教室の「太極拳」講座修了者が集まって結成された会(70名)で、行政に頼ることなく自らの健康づくりを自主的に実践している団体として地域での健康づくりに多大な貢献をしていることが認められました。

2003年2月
2/2(日)
中国(延慶県
氷雪祭り会場)
遠藤グループ
 中国北京市延慶県氷雪祭りで楊名時太極拳を表演
大田区を中心に活動している遠藤グループの一行12名は、北京市延慶県のご招待により、冬期観光事業の一環として開催された「氷雪祭り」で楊名時太極拳を演舞しました。銭元外相をはじめとする中国の要人が見守るなか、一糸乱れぬ姿で舞終えることができました。
2/7(金)
東京ガス・四谷クラブ
東京都支部 『役員会(第9回)』
平成15年度の基本方針、3地域の活動報告、東京都支部平成14年度収支見通し、地域活動(社会貢献)報告について、監事の補充選任について、などが審議されました。
2/11(火)
国分寺市立
いずみホール
西地域 『第1回 規範教程講習会』
楊進先生を講師にお迎えして東京都支部西地域の第1回規範教程講習会が開催されました。楊進先生のお話に魅了された2時間でした。250名の参加者は次回(4月)での再会を約して散会しました。
2/18(火)
八王子
クリエイトホール
八王子友好会 『健康太極拳初心者講習会』
健康太極拳の良さをより多くの方に体験していただくために初心者講習会が2月4日と18日に開催されました。各々20名の方が参加されました。
2/19(水)
八王子・東急スクエアイベントホール
八王子友好会 『健康太極拳講習会』
初心者を対象とした八段錦・健康太極拳の講習会が2月5日と19日に開催され、各々50名が参加されました。
2/23(日)
飯田橋・ボランティア市民活動センター
南地域 『第2回 規範教程研修会』


楊進先生を講師として、研修会を行いました。場所は、東京ボランティア市民活動センター。会場の都合上師範と教室の担当の先生方に限りの研修となりました。出席者は114名。開始30分前には満席の状態で、皆さんの熱心な様子の表れと思いました。美味しい食の話から始まり、徐々に『規範協定』に進みました。第1回研修会にてご指導いただいた三節論・架空の力点・アンカーポイントなど、復習も兼ねてのお話から、今回の『歩を進める』、『擺歩・扣歩・転身について』へ、動きながらのご指導がありました。ソワイショウについても、片足に重心をしっかり移し、虚実を明確に意識しながら行うことにより、バランス感覚、足の強化を、より促進する、とのご説明がありました。最近話題の、不眠治療に使用されるセロトニンについての興味深いお話がありました。一定の運動による呼吸を続け、体勢感覚を感じることによりセロトニンが分泌されるとのこと。セロトニンは、幸福感をもたらし、平常心を保ち、脳の活動を高める作用があり、老化防止に大きく貢献する酵素です。現在解っている段階では、太極拳のみが、セロトニンを分泌するスポーツだそうです。愛好者にとって、うれしい情報でした。 樹木の枝そして幹。一番下には目にみえない部分の根があるとの話を聴いているうちに太極拳を伝え、深めて行こうと思う者にとって、目先の動きだけを追うのではなく、見えない部分「根」に意念を持って精進したいものだと思いました。
 (南地域幹事 下田 啓子)
2/27(木)〜28(金)
箱根(花月園)
朝日カルチャーセンター 『第15回冬期研修会』
楊名時先生をお迎えし恒例の朝日カルチャーセンター主催の箱根研修会が開催されました。

2003年3月
3/2(日)
国分寺けやきスポーツセンター
国分寺同好会 『楊慧先生をお迎えして太極拳の集い』
101名の参加者が楊慧先生から百花拳のご指導をいただくなど充実した1日を過ごしました。最年長(84歳)の萩原さんから、慧先生に花束を贈呈しました。
3/16(日)
八王子市民会館
大ホール
王子友好会 第33回八王子市民レクレーション大会にて太極拳演舞
春とは名のみまだ肌寒い3月16日、第33回八王子市民レクレーション大会が、例年どおり市民会館大ホールで開催されました。この大会は市民レクレーション協会加盟の文化・芸術・室内体育系の24団体が日頃の成果を市民に披露し市民の人々t交流し、同好の人たちを広める場でもあります。
私ども楊名時太極拳八王子友好会としては毎年この催しに参加、それも目標に練習を重ねています。今年も不老拳・24式太極拳・百花拳の各組に分かれ演舞を発表し、市民多数の好評を博しました。八王子市教育委員会主催であるこのイベントを会員増強の好機として、これからも活動のより活発な発展を図っていきたいと思っております。
(太極第140号より) 八王子友好会 秋山郢雄
副支部長

HOME

更新日: 2005 年 9 月 5 日