練馬区健康太極拳推進会 『第14回 練馬区健康太極拳の集い』
2018年6月9日(土) 練馬区立光が丘区民ホール(光が丘区民センター3階)
【報告】 練馬区健康太極拳推進会 南谷充慶会長
練馬区健康太極拳推進会は、練馬区民の皆さんと練馬区内の教室の皆さんとが一堂に会して健康太極拳を楽しもうという主旨で集いを催しています。当日は60名が参加。午前中の時間帯でしたが充実した大会となりました。
準備運動で身体をほぐしたのち、南谷充慶会長から開会の挨拶、梅澤ふみ子師範による教室指導者の紹介がありました。
横田正二師範先導の立禅・甩手から羽原規子師範の八段錦(第一段錦~第四段錦)。
組み合せた両手を頭上まで上げるので内臓がのびのびします、足腰を鍛え血流の流れをよくします、など丁寧な解説がありました。
太極拳二十四式を全員で演舞して、前半のカリキュラムを終えました。
集合写真撮影、水分補給など休憩のあと、後半は誕生日の奇数日・偶数日に分けて太極拳二十四式を表演しました。
日下明子師範の解説で百花拳を2回、三重の輪になって行いました。
中央には愛らしく丸みのある練馬区公式キャラクターの「ねり丸くん」を飾りなごみのある動きとなりました。
音響等は、南雲一嘉師範をはじめ、日下副会長、光が丘の山本さん、八丸さんが前もって下見をするなど気をつかっていただきました。
後半の八段錦は第七段錦~第八段錦を中島富美子師範が先導し、立禅・甩手を整理運動として北昌宏師範が行い、ゆるやかに動作を収めそのまま閉会の挨拶へと進みました。
後片付けは、役員全員で行い、教室が終った山中佐智師範が駆けつけ手伝っていただき、無事終了となりました。謝謝!

更新日: 2018 年 6 月 12 日