荒川宙の会 『第8回駅前フェスタに参加』
2017年9月30日(日) 南千住駅前ふれあい館
【報告】 荒川宙の会 会長 中川茂治さん 
荒川宙の会は、大福千津子(師範)先生ご指導の下、毎週金曜日午後7時から8時半まで南千住駅前ふれあい館(2階多目的室)をメイン会場として練習していますが、最近この地域の各種サークル活動が活発化してきたことで、同じ会場を安定的に確保することがだんだん厳しくなってきています。
この南千住駅前ふれあい館は、乳幼児から高齢者まであらゆる世代の区民が交流し、自主的な活動ができる地域コミュニティの拠点として荒川区が設置した多目的施設で、平成22年4月にオープンしました。
以来毎年9月に「駅前フェスタ」というイベントを開催しており、今年は第8回目のフェスタが9月30日(日)に開催されました。
日ごろこの施設を利用して活動している各種サークルが、その成果を発表する機会ともなるわけで、今年も大人・子供入り混じった27のサークルが参加し、大いに盛り上がりました。
荒川宙の会としても第1回から連続して参加しており、今年も小松崎師範以下9名の会員が日頃練習を重ねた演舞を披露しました。
今年の会場では、例年に比べ幼児の泣き叫ぶ声が大きかったようですが、参加者の殆どが全く耳に入らなかった、気にならなかったと言うほど演舞に集中し、いつも辛口の大福先生からも「皆の動きが揃い、なかなか良かった」との講評を頂きました。

更新日: 2017 年 10 月 11 日