直線上に配置

メディケアイーストで太極拳をボランティア指導


アイコン ボランティアの皆さんの感想
  菊地保さん
ボランテイアに参加しませんかと誘われて、古希を過ぎ十数年後の自分の姿が見られるかなと参加しました。二十数名の車椅子に座った人々の前で、タオルを使ったストレッチ、腹式呼吸、太極拳(不老拳)を行いました。皆さんの目は生き生きと輝き、健康への意欲が伝わってきました。ホテルの様な明るい室内とヘルパーさんたちの働きぶりに、ここにいつかはお世話になりたい気持ちになりました。体を動かしながら、何か別な感情がわいてきて、気がつくと亡き母を思いだしていました。自分の姿を見るつもりが母に会った様な暖かい気持ちになり、早く健康になられるようお手伝いのつもりが、逆に気力を貰って帰ってきました。来月も皆さんの笑顔に会いに張り切って参ります。

中澤守久さん
鶴岡先生と有志8名で、介護老人保険施設へボランティアとして訪問しました。地下鉄東西線南砂町駅より、南へ徒歩5分程の場所に、平成15年建設された施設と聞いていましたが、ボランティアとして、所属しているOSSO健康太極拳の有志が訪問していたことは知りませんでした。話を伺い、是非私も参加したいと申し入れて置きましたことが、5月17日に実現となりまして、午後3時施設に集合です。注意事項と打合せを待合室でお聞きした後、いざ皆さんの所へ・・・
車椅子に座り整列されていた20名ほどの高齢者の方々は皆顔色もよく、車椅子に座っていなければ、健常者と変わりのないように見受けられました。
施設の管理が行き届いていることが、良く分かります。顔見知りの近藤爺もその仲間にいて、不自由な右手で会えたことに喜んでくれました。短い挨拶をして、早々鶴岡先生の号令で準備運動に入りました。身体の障害により、できる範囲での手拭いを使用した軽い運動と呼吸を取り入れての動きに、皆さん一生懸命です。最後にメンバ一同で、不老拳を演舞披露して、再開を約束して終了しました。高齢者の方にも付き添いの方にも喜んでいただけた様子です。私も気持ちよい感動を受けていました。その後、隣接するもう1棟へ訪問して同じようにボランティアを行いました。2番目の施設は建物がガラス張りでとても明るい日差しも入り、敷地には芝生も青々と広く映えています。ストレッチ用の用具も多く設備されていて、リハビリには最適な環境と思いました。
帰りには、同じ施設内に在る明るいガラス張りのレストランで、反省会と次回の参加を期して、カンパイしました。

更新日: 2004 年 5 月 31 日